いまじんのあの日の相場

為替チャートとFXトレード

2017年 月毎

2017年4月 メイ英首相総選挙実施表明、仏大統領選挙マクロン氏ルペン氏決選投票進出、ポンドドル1.29、ユーロポンド0.84、ドル円109円、ユーロ円115円、NYダウ20,400ドル、日経平均18,300円、上海総合株価指数3,100、米シリア空爆、北朝鮮、米10年債利回り2.2%、ナスダック6,000のせ

投稿日:2017年5月1日 更新日:

為替チャート

ポンド買い・ユーロ買い。

メイ英首相が6月8日に総選挙を前倒しで実施すると表明し、ポンドは大きく買われる。

フランスの大統領選挙一回目の投票は暫定で、ルペン氏、マクロン氏と続いており、無難な結果となりそうなことから、4月第4週の週明けは、ユーロ買い円売りで大きく窓を開けて始まる。5月7日の決戦投票では、おおよその見立てとしては、マクロン氏が6割、ルペン氏が4割で、マクロン氏が大統領になる見通しとなっている。

フランスの大統領選挙第一回目の結果は、中道系のマクロン前経済相が得票率24.01%、極右の国民戦線ルペン党首が21.30%、最大野党共和党のフィヨン元首相が20.01%、急進左派のメランション欧州議会議員は19.58%となる。

米国がシリアにミサイルを発射した、との報道で、株価が下落、円が買われる場面があったが、戻す日があった。

円が買われる場面があった。シリア情勢や北朝鮮問題をめぐる地政学的リスクという解説が多かった。少し北朝鮮情勢が緊迫したり、トランプ政権内で北朝鮮が6度目の核実験を実施する兆候があれば、先制攻撃を行う準備をしているという報道があったりして、リスクが意識されていた。4月15日(土)は、故金日成主席の生誕105周年。

ドラギECB総裁の会見では、・経済に対する下サイドのリスクはさらに低下した、となるが、その後、・出口戦略の順序を現時点で議論する必要はない・インフレ見通しを修正するための十分な確証は見られない・依然として脆弱な点が多くある、などもなった。その際、ユーロは上下していた。

アメリカの3月雇用統計は、非農業部門雇用者数は、9.8万人と予想の18.0万人を大きく下回り、直後はドルは売られるが、買い戻される。失業率は4.5%と予想の4.7%を下回り、2007年5月以来9年10ヶ月ぶりの水準となる。平均時給は、予想の通りだった。2月の暖冬の反動ではないかという解説もありました。

アメリカの3月消費者物価指数は、前月比-0.3%と予想の0.0%を下回り、前月比マイナスは昨年2月以来となる。また、3月小売売上高除く自動車も予想予想を下回り、ドルが少し売られる場面があった。

シリア空爆という絶妙な時に実施された米中首脳会談は、・北朝鮮問題では米国単独行動も、・貿易不均衡是正の「100日計画」実施合意 、・幅広い課題を協議する米中包括対話設置、・ シリア空爆を中国は理解、などとなる。

トルコでの大統領権限強化の憲法改正に関する国民投票は、エルドアン大統領が勝利宣言する。

ドル円は、先月安値を下回り、11月以来の108円前半まで下落、200日移動平均へ戻ってくるが、戻す。ユーロ円は200日移動平均をしっかり下回り、11月以来の114円後半、米大統領選挙翌日の水準まで戻ってくるが、121円後半まで上昇する。。ポンド円はじりじり136円付近まで下落するが、144円前半まで上昇する。豪ドル円も、昨年11月以来の81円後半、ニュージーランドドル円も11月以来の75円後半、カナダドル円は、昨年11月以来の80円後半、となる。

ポンドドルは、昨年12月の高値を上回り、10月以来の1.29前半まで上昇する。ユーロポンドは、昨年12月以来の0.83前半まで下落、終値では昨年7月以来の水準となる。ポンド円は、144円前半まで上昇する。

ユーロドルは、昨年11月以来の1.09半ばまで上昇する。ドル・カナダドルは、昨年2月以来の1.36後半まで上昇する。

NYダウは、先々月以来の20,379ドルまで下落するが、先月高値を上回り、21,070ドルまで上昇する。日経平均は、1月の安値を下回り、昨年12月以来の18,285円まで下落するが、先月以来の19.289円まで上昇する。上海総合株価指数は、11月以来の3,295まで上昇するが、先々月以来の3,147まで下落、3,097まで下落する。ナスダックは、終値で3月の最高値を更新する日があった。

米10年債利回りは、昨年11月以来の2.16%台まで低下していた。日10年債利回りは、昨年11月以来の0.000%まで下げていたもよう。

金は上昇、11月以来の1290.7ドルまで上げる。

ラッカー・リッチモンド連銀がFOMC議事録の内容をメドレーグローバルアドバイザリーへリークしていたことがわかり、辞任するそうです。メドレーレポートとは、そういうことだったのかと思いました。あまり影響はなかったもよう。

アメリカが、アフガニスタンのISのトンネル施設を攻撃したという報道も少し注目されていたもよう。非核兵器では最大の爆弾だそうで、大規模爆風爆弾MOAB、というものを使ったそうです。

米財務省は、半期に一度の外国為替報告書で、中国を為替操作国に指定しなかった。

-2017年 月毎


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

2017年8月

USD/JPY  EUR/USD  GBP/USD  AUD/USD  NZD/USD  USD/CAD  USD/CHF  EUR/JPY  GBP/JPY  AUD/JPY  NZD/JPY  C …
no image

2017年2月 NYダウ20,800ドルのせ 最高値、FOMC3月利上げ確率、ドル円112円、ユーロ円119円、豪貿易収支、豪ドル円88円、豪ドル・ドル0.77、ユーロ豪ドル1.37、日10年債利回り0.15%、米1月消費者物価指数前月比0.6%、日米首脳会談

USD/JPY  EUR/USD  GBP/USD  AUD/USD  NZD/USD  USD/CAD  USD/CHF  EUR/JPY  GBP/JPY  AUD/JPY  NZD/JPY  C …
no image

2017年9月

USD/JPY  EUR/USD  GBP/USD  AUD/USD  NZD/USD  USD/CAD  USD/CHF  EUR/JPY  GBP/JPY  AUD/JPY  NZD/JPY  C …
no image

2017年5月 ロシアゲート、仏大統領選挙マクロン氏勝利、ドル・カナダドル1.37、ユーロ円125円、ユーロドル1.12、ドルスイスフラン0.97、ドル円114円、ポンド円148円、米4月雇用統計 失業率4.4% 非農業部門雇用者数21.1万人、ポンドスイスフラン1.30、ユーロスイスフラン1.09のせ、日経平均19,900円、上海総合株価指数3,016、VIX指数 9.56、WTI原油44ドル、ビットコイン2,700ドル

USD/JPY  EUR/USD  GBP/USD  AUD/USD  NZD/USD  USD/CAD  USD/CHF  EUR/JPY  GBP/JPY  AUD/JPY  NZD/JPY  C …
no image

2017年7月 ユーロドル1.18のせ、豪ドル・ドル0.80、ドル・カナダドル1.25われ、ポンドドル1.32のせ、ニュージーランドドル・ドル0.75のせ、ユーロスイスフラン1.14のせ、ユーロ円130円のせ、NYダウ最高値21,900ドル、ナスダック最高値6,460、独10年債利回り0.6%、VIX指数8.84

USD/JPY  EUR/USD  GBP/USD  AUD/USD  NZD/USD  USD/CAD  USD/CHF  EUR/JPY  GBP/JPY  AUD/JPY  NZD/JPY  C …

カテゴリー

アーカイブ

2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031